trend8

ネットで話題のコンテンツ

韓流ついにオワコン・・・禁韓令が発動で中国市場から締め出される

   


中国が禁韓令発動

韓流が打撃を受けているのは、中国がかねてから反対してきた在韓米軍による最新鋭迎撃システム「高高度ミサイル防衛システム(THAAD)」の韓国配備が要因

12月に入っても韓国のドラマや映画、韓国芸能人は事実上、中国から締め出された状態であり、中国の映画館でも韓国映画は上映できない

中国メディアは、自国内で韓国のドラマ、映画、番組など韓流コンテンツを締め出す「禁韓令」を出したと報じている

ある芸能事務所関係者は、「所属アイドルグループの中国進出を本格的に始めるところだったが当分留保した。ひとまずファンへの顔出しから中国版ツイッター『微博(ウェイボー)』上での展開だけに切り替えた」としている

中国の韓流スターに対する冷遇は、中国のテレビ番組で活躍し、現地で人気が急上昇中だった韓国人男性歌手の黄致列(ファン・チヨル)の例が代表的

韓国がコンテンツ産業育成に舵を切ったのは1998年に金大中(キム・デジュン)大統領(当時)の「文化大統領」宣言から

コンテンツ産業は、ある作品が消費者に受け入れられてヒットすると、大きな追加投資をすることなく、DVDなどさまざまな記録メディアに複製、転用することにより収益が生まれる高い付加価値が利点

作品の放映が終わっても、派生商品が浸透すれば、国家イメージと企業ブランドイメージが改善し、製造業、観光業などの競争力向上にもつながる

韓国政府は、宣言以降、韓流の充実を図るため、500億円にも上る基金を設立し、予算も充てて力を入れた。その結果、2003年度から5年間で年平均7.3%の成長を達成

日本の総務省によると、15年の日韓欧米コンテンツ普及調査では、好きな国のドラマを中国・上海で聞いたところ、韓国が半数超を占めた

禁韓令が引き金となって、中国内で韓国のブランド力が徐々に低下していくことになれば、輸出がおぼつかなくなる可能性もある

韓流タレントは傲慢になった!

少し前までは事務所に無許可で東方神起、 EXO、JYJ などを表紙にした媒体でもAmazonランキングの上位にランクインしていましたが、最近ではすっかり減ってしまいました

韓国の国ぐるみの日本バッシングによる韓流への反感、単純に韓国ドラマや音楽に飽きてきたなど、売り上げが落ちた理由はさまざまあげられる

 - Uncategorized