trend8

ネットで話題のコンテンツ

「各々最終回まで抜かり無く!」ラスト間際の真田丸が奇策に溢れていた

   


▼毎週話題になる「真田丸」も残りあと少し!

父・昌幸のファーベスト(毛皮)を身につけ、豊臣の為に徳川を倒す大坂の陣編へ…!

▼真田丸と言えば…必ず発生する「○○ロス」

誰かがなくなるたびに~ロスと話題に。それほど一人ひとりのキャラクターが丁寧に描かれているのです

「黙れ小童!」は真田丸内で流行語大賞といっても過言ではない

日に日に似ていく幸村の姿がなんとも涙を誘います

▼そして三谷大河ならではの「奇策」も話題に!

ある意味今後の大河ドラマ、いや歴史ドラマの伝説となるのではないでしょうか

日本史史上で最も有名な合戦の1つである「関ヶ原の戦い」を、佐助(藤井隆)からの報告だけで終わらせる三谷幸喜氏の脚本に、SNS上では「超高速関ヶ原」「関ヶ原を1分で終わらせた」「大河史に残るぶっ斬り」「何この斬新すぎる大河ドラマは!」などといった書き込みとともに衝撃が広がっていた。

今回、幸村の名は“くじ”で決められたため、SNS上には驚きの声などが相次ぎ、大きな反響を呼んだ。

しかもその村は幽閉されている「九度山村」の村。なんと因果なものです・・・

真田丸におけるデスノート的な役割もご担当されています

「織田信長をはじめ、明智光秀など有名武将の最後のシーンが詳しく描かれることなく有働アナのナレーションで語られるだけ。たった一言で歴史上の名シーンを処理してしまうため、今、ネット上では『ナレ死』という言葉が流行り始めています」(テレビ誌記者)

▼しかし…大坂の陣直前の回は何もなく…むしろグダグダ?

幸村が大坂城に馳せ参じたのは格好よかったですが、その後の話し合いはああでもないこうでもないの延長戦…

もうホントに大阪城の中はグダグダだな・・・ #真田丸

あぁもう大坂ときたら!ダメダメでグダグダで負けるのわかってるのに応援したくなるんだからなぁ!ずるいなぁ! #真田丸

豊臣のグダグダっぷりの最大の原因は茶々様か…。
#真田丸

先週の「一旦持ち帰ります」グダグダ軍議仕切りといい、今週の結局押し切られちゃいましたごめんねといい、#真田丸 治長さんはそんなに有能というわけではなくて、凡人なの。でも、そこがこちらの胸に響くの。世の中の大半はそうだから…みな凡人の神を求めてる…

▼しかし、44回「築城」で再び動きが…!

まさかのオープニングテーマ省略!大河ドラマでは最終回でよく見られる演出だけれど、最終回前では異例のパターン。 #真田丸どうでしょう #NHK #真田丸

ちなみに私は録画時間を間違えたと思ってました…

ちなみに内容は…

幸村(堺雅人)は、大坂城の最大の弱点となる南側に出城を造ることを思いつく。しかし、同じことを考えている男がもう一人いた。さて、織田有楽斎(井上順)と大蔵卿局(峯村リエ)は、牢人(ろうにん)衆を決して信じようとしない。豊臣家の態度に業を煮やした又兵衛(哀川翔)と勝永(岡本健一)は、大坂城を出ると言い出す。しかし、そのとき秀頼(中川大志)は…。一方、信之(大泉洋)の命を受けて松(木村佳乃)が大坂に向かっていた。

グダグダの話し合いの末、ようやく先制攻撃しよう!となったのにまさかのお上の一言で籠城に決まってしまってからの回でした

ちなみに出城とは本城の守りを固める城のこと。ここからの展開が熱すぎました…!

 - Uncategorized