trend8

ネットで話題のコンテンツ

ついにここまで…夢の道具「ほんやくコンニャク」が実現へ

   


誰もが一度は欲しいと思ったことがある「ほんやくコンニャク」

さまざまな異世界を冒険する『大長編ドラえもん』シリーズでは、その行く先々でのび太たちは異世界人とのファーストコンタクトを果たします。当然ながら彼らとは言葉が通じません。そこで出番となるひみつ道具が“ほんやくコンニャク”です

外観や食感はまさにコンニャクそのもの。これを食べると、あらゆる言語を自国語として理解できるようになる。自分が話す言語は、相手が使用する言語に自動的に翻訳されるため、言葉の通じなかった相手と自由に会話できる。いわば食べる翻訳機。

また本来食べる事の出来ないロボットにも、対象の上に乗せれば自動的に翻訳してくれる

ほんにゃくコンニャクあったら便利だろうなぁ…

ほんやくコンニャク欲しいなって話でした(?)おやすみなさい

ほんやくコンニャクが欲しい

タラソワさんの解説聞いてる時だけほんやくコンニャク欲しいよ

今一番欲しいものと言われたらほんやくコンニャク

ほんやくコンニャクが欲しい話でした(ー∀ー;では引き続き仕事!仕事!

そんな人に朗報!ほんやくコンニャクが実現しそう

しゃべった言葉をその場でほかの言語に翻訳し、音声で流す最新技術の実験が、交通機関で広がっている。

「大きい荷物をお持ちのお客様は、エレベーターをご利用ください」。羽田空港国際線ターミナル駅改札。駅員がメガホンに向かってしゃべると、上部の画面に英語、中国語、韓国語に翻訳された文章が表示された。ボタンを押すと、順番に音声で流れる。「If you have a suitcase……」

翻訳にかかる時間は1秒程度。同社の担当者は、「旅行会話は英語テストTOEICで600点程度の実力。翻訳にかかる時間を短縮しつつ、2020年には700点まで精度を上げたい」と話す

他にもドラえもんの道具で実現しそうなもの

自由に空を飛べ、どこへでも行くことができる。ドラえもんといえば……と言ってもいい定番アイテムの一つ

東京大学暦本研究室の樋口啓太氏による『Flying Head』は、身体動作に追従して無人航空機を操作できる技術が、その夢のような道具を現実のモノにしてくれるかもしれません

この『Flying Head』では、頭部に装置を付けておけば、人間の「歩く」「かがむ」といった身体動作によって遠隔の無人飛行機を操作することができます

少し離れた後ろから自分自身を観察するような視点で追従してくることもできますし、遠く離れた場所にあたかもいるような感覚で、自由に顔を傾けたり振り返ったりするだけで、景色を見ることにも使えるでしょう。

これに仕事を頼んで寝ると、この箱から5、6体の小人型ロボットが現れ、童話の内容と同様に頼んだ人間が寝ている間に仕事を片付けてくれる。仕事は靴磨きや草むしりといった雑用から、自動車の故障の修理まで、なんでも可能。ただし頼んだ本人が眠らない限り、ロボットは出てきてくれない

五十嵐ERATOインターフェースプロジェクトによる研究『Magic Cards』では、カードインターフェースを使ってロボットに「ここをお掃除しておいてね」などと指示を与えると、いない間にロボットがそのタスクをこなしてくれます。

ドラえもんの「どこでもドア」は実現可能?

確かに某マンガに出てくる「どこでもドア」そのものを作るのは無理かもしれませんが、遠い距離を瞬間的に(または短い時間で)移動する方法であれば、絶対に不可能ではないという考えもあるようです。

 - Uncategorized