trend8

ネットで話題のコンテンツ

太くて長くてご利益もある!全国で「一本うどん」が食べられるお店4選

   


まるでお餅を食べているような食感♡

「たわらや」は、創業200年以上の京都の超老舗のうどん屋さんです。原材料にこだわる、たわらやのうどんは、自然の海の塩“46億年”を使用した、本格嗜好の人に特にオススメなうどんです。ぜひとも味わっていただきたいのは、たわらや名物「一本うどん」。

当初は長い一本のうどんとして提供していたそうですが、たべにくいために現在は2つに切って2本のうどんとなっているそうです。あっさりとしたかつお出汁に、土生姜のアクセントを加えた仕上がりで、上品な味わいが楽しめます。

麺は1本1センチ以上の太さで、長さは50センチ!それ一本で通常の1杯分のうどんとなり、なんと1時間かけて茹で上げます。現在では食べやすいように、半分に切って出されているようです。

こだわりの出汁は、利尻昆布とさばや花がつおなど数種類の魚介をだし取りしたもの。シンプルながら深いコクが楽しめます。

北野天満宮付近の「たわらや」にて、
うどん太かったです、食感は山岳部で食べたトックみたいでした。スープとても美味しかったです まる pic.twitter.com/gOa5hZN0aQ

北野天満宮前の湯葉屋さんはお休み…
近くにあった、うどん屋さん!
たわらやうどんって極太うどんが有名みたい。
美味しかったです! pic.twitter.com/GULhKvONk2

見た目のインパクトがものすごい♡

小説「鬼平犯科帳」とコラボしたこの施設の「五鉄」にも、一本うどんがあります。

小説に登場するメニューで、1本にまとめられた極太のうどんがぐるぐると盛り付けられています。もっちりとやわらかい歯ごたえが魅力で、お箸で食べやすい長さに切りながらいただきます。

開発に3年もかかった一本うどんは、江戸時代に存在した幻のうどんと言われていて、たびたびテレビでも紹介されました。

五鉄の一本うどん٩꒰ ´ᆺ`꒱۶
おもちを食べてるみたい!おいしかった♡ pic.twitter.com/9aJ44EWOIV

五鉄で、念願の一本うどん(*´ー`*)
太いだけに噛みごたえがあり、美味しかったです。
おつゆは甘じょっぱいすき焼き風。
(@東北道 羽生SA上り) pic.twitter.com/EqpRyRc54k

羽生、上りP「五鉄」一本うどん。ぶっとーい! pic.twitter.com/1h43h7jhyq

忘れてた。
埼玉県 羽生サービスエリア
五鉄 一本うどん

これは食べ応えありました(*´艸`*) pic.twitter.com/uASSoGN511

油揚げが入っていてボリューム満点♡

1センチ四方はあるかという極太な麺が特徴の【大木うどん店】。食べるのに顎が疲れてしまう人もいるほどです。しかし、名物とあっては見逃す手はありません。

桶川市の「大木うどん」が提供する超極太のうどんは、麺の長さもロングサイズ。うどん1杯に使われる麺の本数は平均3本だという。極太&アルデンテの固さを噛みしめながら、うどんのおいしさを楽しめる。

こだわりのだしとともに食べる麺は、食べ応えもありボリューム満点!

麺の上には、細切りの油揚げとネギが盛られています。芯の残るアルデンテ状態で、噛み応えも食べ応えもあり、口いっぱいに小麦の芳醇な味が広がります。

以前から気になってたうどん…桶川の大木うどん店。これはなかなかだわ(笑) pic.twitter.com/izvQtFwYUg

 - Uncategorized