trend8

ネットで話題のコンテンツ

家賃を倍払え。NY人気レストラン突然閉店の裏に複雑な不動産事情

   

家賃を倍払え。NY人気レストラン突然閉店の裏に複雑な不動産事情

shutterstock_376487410 copy

日本人に限らず、アメリカにおいても飲食店などの経営者にとって「NY支店」を持つことはステイタスであり、それを目標に頑張っている会社は多いと思います。メルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』の著者で米国の邦字紙「WEEKLY Biz」CEO 兼発行人の高橋さんは、NYの観光名所として知られていた名物レストラン「カーネギーデリ」が突然閉店したことを例に挙げ、NYという土地の抱える複雑な賃貸、不動産事情について詳述しています。

NYのいびつなビジネス形態

先日、マンハッタンはミッドタウンにある有名名物レストランカーネギーデリCarnegie Deli」が、今年いっぱいをもって、閉店することが報道されました。

ニューヨーカーにとっては、結構、衝撃的なニュースらしく、大手の新聞社も表紙でそのニュースを扱ったり、知り合いのアメリカ人にも、その話題を振られたり。

あまりに有名なそのアイコン的レストランは、多くの日本の方もご存知かと思われます。 ニューヨーク観光される方が必ず1度は足を運ぶお店であり、冗談か!と思うほどの、分厚いパストラミサンドイッチを食べたことがある方も少なくないと思います。

逆に、住んでいる人間で行く人は少ない観光客のメッカというイメージのお店に、わざわざ僕たちが日常足を運ぶことはありません。

閉店となった理由は、オーナーいわく「競争が激しくなりすぎたから」とのことですが、この街の飲食店が閉店する多くの理由はリース切れ」のタイミングです。

この街は、というよりこの国はユダヤ人が支配しています。 特に不動産業界は、顕著です。

彼らのビジネスは、端から見てもスゴい!と言わざるを得ません。 どうスゴいか。

例えば、テナントが入っている多くの物件はオーナーがユダヤ人です。

彼らはリース契約の更新時、今までの倍の家賃を要求するそうです。

倍です。 実際、あるコリアンレストランのオーナーに、要求額の明記された契約書を僕も見たことがあります。

倍なんて払えるわけがない。

仮に、払えたら、オーナーは儲けものです。

でも、多くのテナントは払えない。 払えないとどうなるか。 出て行くしかない。

テナントが出て行くと同時に家賃をもとの額に戻します

戻したら、どこかのテナントが入る。 損はない

ページ: 1 2 3 4

 - Uncategorized