trend8

ネットで話題のコンテンツ

「通じてない」わけじゃない。日本人の英語が海外で使えない真の理由

   

「通じてない」わけじゃない。日本人の英語が海外で使えない真の理由

shutterstock_324034460 copy

海外旅行に行ったとき一生懸命勉強した英語がまったく通じなかった…、そんな経験がある方は結構多いのではないでしょうか。しかし、メルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』の著者でNY在住の高橋さんによると、どうやらこれは「通じていない」わけではないようです。今回は、日本人が海外旅行に行くとき、ついついやってしまう英会話の「間違い」ついて解説しています。

-英語について-特別編

今年に入って、仕事とは関係なく、プライベートで、すでに40組以上の知人が日本からNYに来てくれています。 

その多くはSNSで知り合ったり、ブログの読者であったり、初めてお会いする人がほとんど。 

(週に1回はツアコンみたいなことやってる気がする…)

そこで気がついたことですが、いまだにやっぱり日本人の英語コンプレックスは依然変わってないなぁということ。 

来られる方は若い世代ではなく、その多くが僕と同世代なので、当然、その世代の英語コンプレックスが急になくなるわけではないので当然なのですが。 

そこで今回は“観光で来た際の通じる英会話教室”を。 

僕は特に英語が得意なわけではなく、TOEICだのTOEFLだの受けた事もないので、人に英会話のポイントを教えられる資格はこれっぽっちもないのですが、少なくとも誰よりも英語で苦労してきました。 

おそらく、今コレを読んで頂いてる日本の方で、渡米当初の僕よりも英語が話せない人間はいないと思います。 それくらいヒドかった。 

そこから15年。 いちおう、日々、この街で英語で普通に暮らしてはいるので、「1週間くらいの滞在に必要な英語コミュニケーションのポイント」くらいはお話できるのではないか、と思っています。 

普通に観光名所でチケット購入したり、スターバックスで注文したり。 その程度のコミュニケーションでもっとも必要なこと気をつけることをお話しします。 

そして、それは人とのコミュニケーションでいちばん気をつけるべきことでもあります。 

ページ: 1 2 3

 - Uncategorized