trend8

ネットで話題のコンテンツ

元『旅行読売』編集長が温泉付きビジネスホテルばかり取材する訳

   

元『旅行読売』編集長が温泉付きビジネスホテルばかり取材する訳

shutterstock_128725409 copy

元『旅行読売』編集長・飯塚玲児さんのメルマガ『『温泉失格』著者がホンネを明かす~飯塚玲児の“一湯”両断!』。今回は当メルマガの人気コーナー「ビジネス温泉」の連載を始めた理由について。ビジネスホテルなのに天然温泉があるという、超オトクな宿ばかりを紹介しているコーナーなのですが、その連載開始の背景には「温泉ライター」という職業からくる「影の苦労」があったそうですよ。

温泉宿取材の陰の苦労

温泉ライターという職業柄、出張で温泉宿に泊まることが多い

ほう、仕事だか、遊びだか、わかんないな、などという人がいるだろうが、とんでもない。 僕が温泉宿に泊まる場合、それは徹頭徹尾「仕事」なのだ。

とりわけ、泊まる宿を取材する場合は、到着からチェックアウトまで、僕は宿の人の監視の目にさらされている。 たとえば寝る前にアダルトチャンネルを見てオナニーするなんて、とんでもない話である。

ゴミ箱に残ったティッシュの塊を見つけられ「あの記者ったら、仕事にきていやらしいビデオ見てたのよ。 どんなカメラマンなのやら」などと思われてしまう(わけないか)。

周辺スポットの取材で汗だくになって宿に辿り着いても、風呂に入ることも許されず、今すぐ夕食料理の撮影を、と言われることもある。

撮影が済みました、と宿の方に告げると、ではお召し上がりください、ということになるが、酒を頼んでいいものか、これまた悩ましい。 大酒飲みなので、「仕事に来てよく飲むわねえ」などと思われてしまう可能性が高い。

翌朝、僕は布団を整えてから風呂に出かける。 というのも、僕がいない間に仲居さんが布団上げにきて、シーツがくしゃくしゃだと「まったく、だらしがない記者さんだこと」などと思うかもしれないからだ。

かくのごとく温泉ライターの出張は楽ではないのである

ページ: 1 2

 - Uncategorized