trend8

ネットで話題のコンテンツ

副業?本業?音楽のみならず多方面で活動するアーティストが凄い!

   


のは勿論ですが、その才能やセンスを活かし様々な分野で活動をおこなっているアーティストの方々がいます。

『八代亜紀』

熊本県八代市出身。
1971年デビュー。1973年に出世作「なみだ恋」を発売。
その後、「愛の終着駅」「もう一度逢いたい」「舟唄」等、数々のヒット曲を出し、1980年には「雨の慕情」で第22回日本レコード大賞・大賞を 受賞する。
芸能生活40周年を迎えた2010年には、歌唱技術が認められ文化庁長官表彰を受賞。

余技としてはじめた絵画を、感性豊かな繊細な筆到と独特の超現実主義の表現で、画家としての世界も着実につくりあげてきました。

フランス画壇の登竜門「ル・サロン」展へも5年連続入賞を果たし、アーティストとしての活動も積極的に行っております。

超現実主義はシュルレアリスムのこと。
現実の上位に存在している概念で、無意識における心象風景を捉えるところに重きを置く。

あまりに上手すぎてゴーストの噂もあったほどです。

米米CLUB『石井竜也』

米米CLUBは、日本のロックバンド。
代表曲に「浪漫飛行」や「君がいるだけで」などがある。

石井 竜也(いしい たつや、1959年9月22日 – )は、日本のポップミュージシャン、芸術家、音楽プロデューサー、映画監督である。茨城県北茨城市出身。

愛知万博「愛・地球博」レギュラープログラムの総合プロデューサーなどを務め、'08年には近代製鉄発祥150周年記念シンボルキャラクター“AIRA”を制作

'94年「未来遺蹟展」'97年「空想美術館」'99年「昇展」'02年「NUDE」'06年「Venus White」といった作品展を、'08年には古来より伝わるダルマを用いて創作した不可思議でスピリチュアルなオブジェ“顔魂”を一堂に会した展覧会「顔魂~KAODAMA~」を、六本木・森アーツセンターギャラリーと奈良・薬師寺にて開催。

電気グルーヴ『ピエール瀧』

電気グルーヴ(でんきグルーヴ)は、日本のバンド。石野卓球とピエール瀧を中心に1989年に結成され、テクノ、エレクトロを中心とした独特の音楽性と破天荒なパフォーマンスが特徴。

ピエール瀧(ピエールたき、本名:瀧 正則〈たき まさのり〉、1967年4月8日 – )は、日本のミュージシャン、マルチタレント、俳優。テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバー。身長179cm。血液型はAB型。愛称は「瀧」・「顔」。真人間な仕事の時は「ピエールさん」と呼ばれることも多い

「楽器の弾けないミュージシャン」を公言しており、ステージにおいてかつては殿様やドラえもんの衣装で登場したり、最近のライヴステージでは着ぐるみを着て踊っているだけだったりする。

その独特な存在感を活かし、数多くの映画やドラマに出演しています。

ピエール瀧プロデュースによって開発・発売された「バイトヘル2000」。
バカゲーと評されることもありますが、妙な中毒性があり、一部から絶大な人気を集めました。

元キマグレン『クレイ勇輝』

キマグレンは、ISEKIとKUREIからなる日本の2人組音楽ユニットである。2015年7月に解散。
楽曲「LIFE」のヒットで紅白への出場を果たす。

クレイ 勇輝(クレイ ゆうき、本名:榑井 勇輝(読みは同じ)、1980年7月17日 – )は、日本の歌手。元キマグレンメンバー。
取締役/ ミュージシャン/ タレント/プロデューサー

ライセンスを取得し、プロボクサーとして試合に挑戦したこともあります。

 - Uncategorized