trend8

ネットで話題のコンテンツ

す、すげー…。海外のSOS対応に思わずほっこり

   


「ゴミ捨てができなくなってしまったの」

1人でゴミ出しができず、普段は近隣住民が手伝ってくれていましたが

手伝いしてくれてた人が来れなくて2週間もゴミを出せていなかった。。

「誰に伝えていいのかわからず、思わず911コールをしてしまった…誰かゴミ出しに来てくれる人を探してほしい」

障がいがあるので自分一人でゴミ出しができないことなどを訴えたそう。。

「それなら、私が明日行きます」とフランシスさんの家に出向くことを提案。

もちろん業務を超えた内容ですが次の日、直接家に行ってゴミ捨てをしたという。

「誰か世話してくれる人と一緒に住めば、コールセンタースタッフの手を煩わせずに済むのでは」との声もありましたが

「911に電話をしてくるということは、その人にとって問題が大きくても小さくても、解決してほしい問題なわけであって、できる限りは応えるようにしたい」

マジ神対応…!!

僕にとっては緊急事態!

ジョニーは困って電話をしてしまったのです。

普通ならやんわりと断って電話を切ってしまうものですが、緊急電話を受けたオペレーターはそうはしませんでした。

「いいとも。君は何処に住んでいるのかな?」と質問

「やあ知っているよ。ところで、君は何処に住んでいるの?」と質問

「嫌だ。電話で教えて欲しいんだ」

オペレーター:「それは出来ないな。誰か他に君を助けてくれる人を送ってあげることはできるよ。」

オペレーターは、それは出来ないと一度断りますが、電話を切らず最後まで応対しました。

答えを教えるんではなく、どんな問題?答えはなんだと思う?との対応

断ることもなく最後まで優しく応対したオペレーター。

4歳の男の子ジョニーは、こう母親にいい聞かされていました。「困った時には、誰かに電話をしなさい」と。

男の子にとっては本当に困っていたホッコリするお話\(^o^)/

続いても「私にとったら大事件!」なお話

通報した少女が走って“Hey!”とだけいって出てきた、しかも片足だけ、半分までズボンが上がっている状態だった。

 - Uncategorized