trend8

ネットで話題のコンテンツ

有資格者ほど、過酷な「ブラック企業」を辞められない理由

   

有資格者ほど、過酷な「ブラック企業」を辞められない理由

shutterstock_66443875 copy

一昔前は、良い条件で職に就きたければ「資格を取る」というのが常識でしたが、 メルマガ『異種会議:戦争からバグパイプ~ギャルまで』の著者、加藤健二郎さんによると、今はむしろ逆になっているようです。むしろ「有資格者」と呼ばれる人ほど、キツイ仕事を押し付けられるブラック企業にいても、退職しようとしないのだとか…その原因を、戦場カメラマンやバクパイプ奏者など様々な一面を持ち、自由に生きるカトケンさんならではの見方で解説しています。

有資格職人生のワナ

有資格者ほど、過酷な労働に駆り立てられても辞めない。もともと、有資格者になる目的は、労働条件等で優遇されるためだったような気がする。しかし、世の中の流れは変わってしまったようだ。「有資格を使える仕事に就かせてやるから頑張れ我慢しろ」と。

カトケンの音楽仲間には、有資格なんか無縁で、コンビニやファミレス、カラオケなどで時給で稼ぐ友人が多い。彼ら「仕事はお金のためのみにやってる」という思想の人たちは、ブラック企業なんかにのめりこまない。約束の時給が貰えなければ、戦うか辞めるかしか選択肢がないからだ。

一方、有資格者たちには、その資格を取得するまでの苦労などの投資を回収したいという弱みが働くのだろうか。有資格者ではないとしても「俺たち、ちょっとレベル上の職人よ」的な意識の働くシステムエンジニアやプログラマーなども・・・、または「クリエイティブな仕事」なんちゅー言葉で釣りやすい職種も。

日本人は、仕事にお金以外の何かを求める人生観を「良いこと」としている。生き甲斐、感謝、社会的影響などなど・・。だが、残念なことに、労働者の権利としてそんなものが貰えるとは保証されていない

だから、アベノミクスの勝ち組は「時給が上がったぜ、バイトなんか喧嘩して辞めてもすぐに次が見つかるぜ」と、仕事イコールお金、と単純思考になれてる人たちだ。やりがい、キャリア実績、評価、将来性などという、曖昧な甘い言葉なんか理解できない人たちの方が勝ち組なのかもしれない。

そんな中、カトケンがやってきたような、戦場屋やバグパイプなど、趣味の延長上にドッカリと収まっている職種の場合も思考は単純だ。趣味では採算は考えない。その趣味を継続できる人生を続けていることで、目的は達成しているのだから、継続さえでき
ていれば、どれほど過酷でもオーケーなのだ。ヒマラヤ登山やその他冒険探検を目指す人たちを見れば、過酷でもオーケー、を越えて、過酷たからこそ魅力、であることがわかる。趣味とはそういうもの

ページ: 1 2

 - Uncategorized