trend8

ネットで話題のコンテンツ

フィリピン「暴言」大統領に忍び寄る、中国の黒い影

   

フィリピン「暴言」大統領に忍び寄る、中国の黒い影

fan0521

その過激な発言から「フィリピン版トランプ氏」と言われたドゥテルテ新大統領。中国と領有権を争うスカボロー礁についても、「自ら出向いて国旗を立てる」と言い放ち注目されましたが、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』によると氏は実は親中、そして中国も彼の大統領就任を歓迎しているとしています。さらに文中、これまで親中的な態度を取り「不幸」に見舞われた国々を挙げ、ドゥテルテ氏も「中国に近づくとろくな目に合わないことを早く学ぶべき」と諫言しています。

【フィリピン】華人から支持を集めるフィリピン新大統領の危うさ

比大統領選ドゥテルテ氏当選 南シナ海の対中政策注目

フィリピンのアキノ政権の任期満了により新大統領が選挙で決定しました。過激な発言で人気を集めるダバオ市長のロドリゴ・ドゥテルテ氏(71)です。

この人物は、庶民派を売りにしていますが、彼自身は父が州知事で法律家、母は教師という知的エリート階層の出身です。ダバオ地検の検事を10年勤め、父の後を継いで政界入りし、ダバオ市長に7期当選。途中で下院議員選挙に立候補し当選しているので、中央政界での実績もあります。そして、アキノ氏もそうでしたが、ドゥテルテ氏には華人の血が流れています。母方の祖母が華人だったそうです。

知的エリート階層出身のわりには口が悪く、「犯罪者は皆殺しにする」といった過激発言を繰り返すことで、庶民の不満を吸い上げ、ついには大統領に選出されてしまったのです。着実に政治的手腕を発揮して国内問題や外交問題に取り組んでいたアキノ政権と比べると、どうしても泥臭く素人っぽく見えるのは、彼に外交経験がないからかもしれません

ページ: 1 2 3

 - Uncategorized