trend8

ネットで話題のコンテンツ

【書評】日本人が見抜けない、外国人の「ウソ」と「騙し」のテクニック

   

【書評】日本人が見抜けない、外国人の「ウソ」と「騙し」のテクニック

shutterstock_216356983

世界では、日本の「嘘はダメ。正直者であれ」という考えよりも、「嘘をうまく使うことは当然である」という思考をする人々の方が圧倒的多数のようです。しかし、その「事実」に気付かず海外で失敗する日本人は後を絶ちません。無料メルマガ『日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信』では、日本人が知っておくべき国際社会における「嘘」と「騙し」を客観的に分析した1冊を紹介しています。

なぜリーダーはウソをつくのか

okuyama0704shoei

なぜリーダーはウソをつくのか
ジョン・J.ミアシャイマー・著/奥山真司・訳 五月書房

この『なぜリーダーはウソをつくのか』のエッセンスを一言でいえば、

「国家のリーダー同士は互いにそれほどウソをつかないが、国民に向けてはウソを頻繁に使う

という意外な結論にある。まさかこのような結論に至るとは、原著者であるミアシャイマー教授自身も「最初は信じられなかった」と書いているが、たしかに歴史を紐解いてみると、国家間のやりとりにおいて明らかなウソが使われた事例はあまり認められない、という説明には説得力がある。

つまり本書の意義は、原著者であるミアシャイマー教授の意図する通り、「摩訶不思議で厳しい国際政治の新しい面を知る」ということにある。

そして、本書の優れている点はそれだけではない。この本には、これまでに私が訳してきた幾つかの書籍と同様に、私たち個人にとって非常に多くの「発想のヒントや興味深い示唆を与えてくれるのである。

ページ: 1 2 3

 - Uncategorized