trend8

ネットで話題のコンテンツ

なぜ科学者は発がん性物質の危険性を煽る人間を軽蔑するのか

   

閑話休題、話を戻すと発がん性に関しては、そうそう微量であっというまに発がんするような物質はありません。むしろ、そんな発がん性物質があれば、抗がん剤の研究者が狂喜乱舞して喜びます。抗がん剤の治療の実験のために、どれだけ時間をかけて生かさず殺さず毒を投与してラットをがんにしているのか、あまりに知られていません(笑)。

だいたいとんでもない発がん性物質の塊であるタバコを吸っている人ががんの率が高いとはいえ、この程度なのか…というのは人間はとりわけ毒物に強い発がん性物質にも強いという特徴から来ています。

ましてやそれだけ発がんは難しいのに、それが地下水に入ってるからとか(地下水そのまま飲むんかよ)とか、合格祈願の砂に含まれる…とかそういうのがニュースになるたびに、毒性科学者は眉間を抑えるわけです。

サクッっと殺す毒はいくらでもある。ただ、狙ってがんを作るのは難しい。発がん性物質といわれているのは、その程度のもので、交通事故にあうかもしれないというレベルの「確率」の一つでしかないという認識で十分でしょう。もっと知りたい…というひとは、毒性学の専門書を是非読んでみてください。

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS


ページ: 1 2

 - Uncategorized