trend8

ネットで話題のコンテンツ

【書評】年商4200億「ダイソー」を創り上げた社長は超ネガティブ

   

【書評】年商4200億「ダイソー」を創り上げた社長は超ネガティブ

1006_bbm

国内のみならず海外にも進出、絶大な人気を誇っている100円ショップの「ダイソー」。今回の無料メルマガ『毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン』の著者・土井英司さんが紹介されているのは、その創業者の評伝です。4,000億円企業の成功の秘訣とは?

71gFr9iboIL

こんにちは、土井英司です。

本日ご紹介する一冊は、年商4,200億円(2017年3月現在)、店舗数約4,950、「100円ショップ」で最大級を誇る「ダイソー創業者の評伝です。

没落した家に育ち、紆余曲折を経て100円ショップを成功させた創業者、矢野博丈とはどんな人物なのか? なぜ成功したのか? 本書はその秘密に迫る、興味深い一冊です。

意外だったのは、矢野博丈氏がとてもネガティブな言葉を好む人物だということ。

「プロローグ」によると、矢野氏が好きな言葉は、「恵まれない幸せ」、「しかたがない」、「分相応」、「自己否定」など。前向き思考の自己啓発家がいたら、間違いなく怒られそうな話ですが、これが矢野氏が謙虚さを保ってきた秘訣かもしれません。

本書には、氏の半生と、氏が薫陶を受けた実業界の大物たち(イトーヨーカ堂会長伊藤雅俊、元ユニー会長家田美智雄、セブンーイレブン名誉顧問鈴木敏文、イオン社長岡田卓也)の話が載っており、興味深く読むことができます。

商売の原理原則とは何か、考えさせられるきっかけとなりました。

ページ: 1 2

 - Uncategorized