trend8

ネットで話題のコンテンツ

服飾専門学校を出て自立したデザイナーの多くが利益を出せぬ原因

   

5.メルカリで販売してみよう

届いた商品を加工して、オリジナル商品に変える。その上で、価格を設定しよう。

何人かの受講生が集まれば、複数の商品が出来上がる。販売方法は、イベントとして販売してみるとも良い。あるいは、メルカリで販売してみる。

販売結果は全員で共有する。なぜ売れたのか。なぜ、売れなかったのか。次回の仕入れではどんなことに注意すればいいのか。また、仕入れの方向性についても話し合い、記録していく。

たとえば、一人の商品の仕入れ予算を1万円に設定する。3千円程度の商品ならば、3枚は仕入れられる。それが、2倍で売れれば、2万円が手元に残る。次は2倍の商品が仕入れられるのだ。

二回目からは、オーダーする前に、クラス全員で品揃えをチェックする。商品MD会議だ。

一回目で売れた人が中心となって会議をリードしてもらう。

価格決定会議も行おう。商品が届いて、価格を決める段階で共有する。

また、写真の撮り方や商品のコピー等も十分に検討する。

これを一年間続ければ、相当の経験とノウハウが詰めるだろう。また、授業料を差し引いても利益が手元に残るに違いない。自分の品揃えとリフォームに自信が持てれば、そのまま営業を続けてもいいし、資本調達して、本格的なOEM生産に進むのもいいだろう。

image by: Shutterstock

出典元:まぐまぐニュース!


ページ: 1 2 3 4

 - Uncategorized