trend8

ネットで話題のコンテンツ

キムタク主演映画の反応が、日本とアメリカで「真逆」すぎた理由

   

キムタク主演映画の反応が、日本とアメリカで「真逆」すぎた理由

slack-imgs.com

監督・三池崇史、主演・木村拓哉という超豪華キャストで、今年のGW映画の目玉作品として注目された映画「無限の住人」。先日、半年ほど遅れてNYでも上映されました。NY公開初日に鑑賞してきたという、メルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』の著者で米国の邦字紙「WEEKLY Biz」CEOの高橋克明さんは、本作と三池崇史監督へのニューヨーカーたちの反応が日本人とは真逆だったことに驚かされたらしいのですが……。

キムタク映画に見る日米間の違い

ブルックリンはAlamo Drafthouse Cinemaにて、木村拓哉主演無限の住人」(こっちでのタイトルは「BLADE OF THE IMMORTAL(不死身の刃?)」)が上映されました。

実は、この作品、今年の春の東京出張時、空き時間に有楽町の劇場で鑑賞済みでした。

小さな映画館でしたが、フェスティバルの一環ということもあり、超満員。 特に周りに日本人の観客が目立ったわけではありませんでした。 現地のアメリカ人だらけ

上映前、今回の主催者が挨拶する際「カンフー・アクション・ムービー!」と紹介していました。 違うと思うけど。

残念ながら「TAKUYA KIMURA!」と名前を紹介した際も拍手はまばら。 監督の「TAKESHI MIIKE!」の時は、大きな拍手に包まれました。 ここで超満員の理由がわかった気がします。 やはり三池監督は北米の映画ファンの間でも特別な存在。(巨匠、というよりはカルトな趣もあると思いますが)僕が監督にインタビューしたのは、、もう9年前!です。

上映が始まってスグに気付きました。 有楽町マリオンで鑑賞した際と、まるでまったく違う作品を流しているかのごとく、観客の反応がま逆でした。

終始、爆笑してる。日本だと、感動する(少なくとも製作陣が感動させようとしている)シーンですら、いや、そんな場面の方が、ニューヨーカーたちの笑い声は止まりません。

ページ: 1 2 3

 - Uncategorized