trend8

ネットで話題のコンテンツ

日本料理の海外進出……和食は「高級料理」としてまだまだ伸びる

   

日本料理の海外進出……和食は「高級料理」としてまだまだ伸びる

20170919_washoku

今NYで、1食20万円もする食事を提供するレストランが登場し、話題を集めているようです。世界中のセレブが集うNYならではの話ですが、NY在住で『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者・りばてぃさんは、この超高級レストラン・ブームは「和食にとってチャンス」と断言。NYにおいて日本料理がいかに伸びしろがあるかをわかりやすく解説しています。

日本食の伸びしろ

先日、まさに、ニューヨークが多様であることの象徴的なお話をブログでご紹介した。

それは、北欧のレストランNomaが、1人2,000ドル(20万円)のお食事を出すポップアップレストランをニューヨークに開いたという話だ。

(ご参考)
NYファッション・ウィーク限定 高級レストラン「NOMA」のお食事、一人なんと2,000ドル(約20万円)!!

これは、9月7~13日までニューヨークで開催中のファッション・ウィーク(ニューヨーク・コレクションとも呼ぶ)に合わせて1日限りでオープン。

ノーマ(Noma)は、「世界で最高のレストラン」(the Best Restaurant in the World)で4回も1位を取ったデンマークの高級レストラン。

ニューヨークには、ノーマの創業者の1人が「Agern」と「The Great Northern Food Hall」をグランドセントラル駅内にオープンしていて、ノーマ関係ということで、オープン当時はかなり話題になった。

(ご参考)
グランドセントラル駅構内の「グレート・ノーザン・フード・ホール」The Great Northern Food Hall
Noma Co-Founder Claus Meyer’s Agern Opens Next Week at Grand Central Terminal

そんなノーマの今回のファッション・ウィークという特別なイベントに合わせて、期間限定で特別なレストランをオープンして、特別なコース料理を、かなり特別なお値段で提供するのは、今後、定着して、ある種のブームになったりする可能性は十分にあるだろう。

特別な機会に1人数千ドルの食事が定着したらどうなるのか?

皆さんはどう思う?

たぶん、日本にとってはチャンスかもしれない。

ページ: 1 2 3

 - Uncategorized