trend8

ネットで話題のコンテンツ

転職サイトに元いた会社の悪口を書いたら裁判で勝てるのか?

   

転職サイトに元いた会社の悪口を書いたら裁判で勝てるのか?

shutterstock_112692424

就職・転職サイト等に書き込まれる数々のコメント。サイト利用者にとっては貴重な情報ではありますが、悪意のある書き込みをされた場合、その標的となった企業にとっては命取りにもなりかねません。今回の無料メルマガ『「黒い会社を白くする!」ゼッピン労務管理』では、自社の悪口を書き込まれた企業がサイト運営会社を訴えた事例を上げながら、会社としての「対処法」を記しています。

転職サイトへの自社の悪口の書き込みは許されるのか

「ネットの書き込みを見るか、見ないか」

以前、あるテレビ番組で、女優3名がこのことを話題にしていました。女優という仕事柄ネットで自身のことを書き込まれることも多くそれを見るか、見ないかそれぞれが意見を言い合っていました。

見る派の意見としては

「自分を客観的に見ることができる」
「(指摘を受け)なるほどな、と思ったら変えるようにしている」

などが出ていました。逆に、見ない派の意見としては

「(悪いことが書いてあると)正直、落ち込む」
「事実と違うことを書いてあることが多い」

などでした。実は私も以前に人事担当をしていたときに書き込みをチェックしていたサイトがありました。「〇〇〇〇〇〇活動日記」という新卒のクチコミ就職サイトです。

みなさんの中にもご存知の人は多いかも知れませんがこのサイトでは、就活中の学生たちが各会社の面接状況や採用活動について様々な書き込みをしています。

「今日の面接担当の人、すごく感じが良かった!」
「面接で話を聞いて、益々入社したくなった」

などの選考の感想から、中には「次回、最終選考なのですがすでに受けた人いますか? どんな質問されましたか?」などの情報交換をしている学生までいます。私はその書き込みをチェックして採用活動の参考にしていたのです。

ページ: 1 2 3

 - Uncategorized