trend8

ネットで話題のコンテンツ

ラーメン官僚がオシャレの神と邂逅した、元善光寺の激ウマ豚骨

   

ラーメン官僚がオシャレの神と邂逅した、元善光寺の激ウマ豚骨

ae48dbe99f68b5a1f0affa72f23c0cb0 (1) copy

日本全国に数多あるラーメンの中でもとっておきの一品を食べ歩きながら紹介する、ラーメン官僚かずあっきぃこと田中一明さん。豪華執筆陣による興味深い記事を1本から購入できて読める、まぐまぐの新サービス「mine」で無料公開中の、田中さんの記事から本日ご紹介するのは、長野・元善光寺「麺屋杏樹」の豚骨ラーメン「白の無垢」。今まで12,000杯のラーメンを食べ歩いたラーメン官僚が、ドンブリをひと目見て「当たり」を確信した、麺屋杏樹の豚骨ラーメンのお味とは?

【ラーメン官僚かずあっきぃの麺遊記】麺屋杏樹

麺屋杏樹@元善光寺にて、白の無垢。

『南信州豚骨』を高らかに謳う同店。

外観、内観ともに清潔感とセンスを感じるものであり、かつオシャレ。ラーメンを食べ歩いている方であれば、確実に訪問店候補に盛り込みたくなる風貌を醸し出している。

d0f0d2022324dbe2777e269f453fad5a copy

2bf4ed2fe447383ab9b325b10791648d copy

基本メニュー「白の無垢」を注文。

どのようなラーメンが登場するのか予習することなく着丼を待ったが、登場したラーメンをひと目拝見して、当たりであることを確信!

ae48dbe99f68b5a1f0affa72f23c0cb0 (1) copy

スープを啜ってみると、うま味の組み立て方にもやはりセンスの良さを感じる。

タレと豚のコクを巧みにバランスさせており、ひと昔前に流行した「東京豚骨」とも、豚の存在感を前面に押し出した「長浜豚骨」とも異なる、この店ならではの味を組み立てることに成功している。

このスープに合わせているのは、なんと!、定番の細ストレート麺ではなく細縮れ麺。

一般的には、豚骨ラーメンと言えばストレート麺を合わせるのが常識だが、そんなセオリーなど歯牙にもかけない。

それでいて、単にオリジナリティが先走った仕上がりではなく、スープと見事に調和している。

独自色が強いラーメンを提供する飯田エリアならではの1杯に、食べ歩きの奥深さを再認識させられた。

これは美味い!

未訪の方は是非、一度足を運んでみていただきたい。文句なしにオススメできる1杯だ。

自身が食べて美味かったラーメンのみUPする、田中一明さんの記事をチェックしたい方はこちらでフォロー

DATA

麺屋杏樹

営業時間 11:00~15:00 17:00~20:00

住所 長野県飯田市座光寺5252-1

定休日 木曜

 

田中一明(通称・ラーメン官僚かずあっきぃ)

この著者の記事一覧はこちら

1972年11月生まれ。高校在学中に初めてラーメン専門店を訪れ、ラーメンに魅せられる。その後、順調にラーメンの世界にハマり、大学在学中の1995年より、本格的な食べ歩きを始動。今では「ラーメンの魅力の探究」をライフワークとし、年間700杯を超えるラーメンをコンスタントに実食しながら、ラーメン情報を各種媒体に精力的に発信している。これまでに食べたラーメンの総杯数は12,000杯に及ぶ。日々の食べ歩きの様子は、FacebookTwitterを御参照ください。

まぐまぐの新サービス「mine」の記事一覧ページはこちら

出典元:まぐまぐニュース!


 - Uncategorized