trend8

ネットで話題のコンテンツ

『伊右衛門』人気に陰り。コンビニ「お茶戦争」で起きた3つの変化

   

『伊右衛門』人気に陰り。コンビニ「お茶戦争」で起きた3つの変化

shutterstock_218847100

私たちの身近にあるコンビニの知られざる裏話を、業界の内情に詳しいライターの日比谷新太さんが紹介していく当シリーズ。前回の「本部担当者(スーパーバイザー)たちの仕事」の話題に続き、今回取り上げるのは「コンビニお茶飲料の最新動向」について。各メーカーが激しいシェア争いを繰り広げるカテゴリーだけに、売上上位ランキングの顔ぶれも3年前のものと比べると、大きく様変わりしているようで……。

「お茶」売れ筋商品に変化が……

気温の上昇に伴って、コンビニでもペットボトル飲料の販売が大きく伸びるこの時季。なかでも、それらの主力となるカテゴリーが「お茶飲料」です。

伊藤園が『お~いお茶』の発売を開始したのが、今から約30年前の1989年のこと。その後の1996年には、現在の形状に近いペットボトル飲料が登場し、キリン『生茶』、アサヒ飲料『十六茶』、日本コカ・コーラ『爽健美茶』といった後の定番商品が誕生。さらに2004年には、サントリーから『伊右衛門』が登場し、ペットボトルお茶飲料市場のシェア争いは激しさを増していきました。

また近年では、花王『ヘルシア緑茶』やサントリー『伊右衛門 特茶』といった、特定保健用食品(トクホ)のお茶飲料も人気で、一定のシェアを確保するまでになっています。

飲料メーカーとしても、お茶飲料は利益の源泉となる重要な市場ですので、様々なコンセプトを持った新商品を続々と投入しています。そのため、以前なら圧倒的に勝ち組だった商品が、気が付くと下位ランクに落ちているということも多々発生します。

ph0001

上の表は、今年6月と3年前(2014年)の同月における売れ筋商品のランキングです。これを見ると、この3年で3つの大きな変化が現れたことがわかります。

ページ: 1 2

 - Uncategorized