trend8

ネットで話題のコンテンツ

不動産屋は敵か? 管理の行き届く団地にポッカリ空いた落とし穴

   

不動産屋は敵か? 管理の行き届く団地にポッカリ空いた落とし穴

shutterstock_662676067

郊外にある高経年団地の管理組合にとって、維持管理や修繕費用は重要な問題ですが、逆にそうした問題を抱えていない優良な管理組合は別の悩みを抱えているといいます。今回の無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』では著者の廣田信子さんが、自身のセミナーで相談を受けたという、少し「もったいない」管理組合の考え方を伝えています。

不動産業者に狙われる?

こんにちは!廣田信子です。

このごろ、郊外の高経年団地に対しては、「しっかり維持管理し、将来のためのお金の準備もしていないと、おかしな利用目的で購入され、管理が難しくなりますよ」という話をセミナーでしています。

そうしたら、先日、終了後、相談に来られた方がいました。

「うちは、きちんと維持管理しているし、修繕積立金もあるので、逆に、不動産業者に狙われてしまって困っているんですよ~」と。

しっかり維持管理されているのに階段室型の4階、5階はかなり安い価格で売り出されているので、それに目をつけた不動産屋さんが、購入して、中をリフォームして賃貸物件として貸し出してるんですよね。

で、総会にも出てきて、

「ココをこうすればこの団地はもっと価値が上がるから、こうしてほしい…」

というので困っていると言います。

でも、これは、別に困る問題じゃないですよね。

不動産屋さんがしっかり住宅としての資産価値も利回りも計算して、これはお買い得だと思って買っている…というのは、団地が評価されているということで、資産価値を上げることになっても下げることにはなりません

で、不動産屋さんも区分所有者になったら、総会に出てくるのは当たり前ですし、こうしてほしいという希望も、市場のニーズを踏まえた提案でしょうから、何もいやがることじゃないのです。

ページ: 1 2 3

 - Uncategorized