trend8

ネットで話題のコンテンツ

なにこれ欲しい…プラモ感覚で作れる一眼レフ『Konstruktor』って?

   


ロモジャパンは、ロモグラフィーのフィルムカメラ組み立てキット「Konstruktor」(コンストラクター)を13日に発売した。価格は3,500円。

5mmプラスチック一眼レフカメラが自分で組み立てられるDIYキット。組み立てる過程を通じてアナログカメラの仕組みを学べるほか、付属のレザーステッカーを使うことで自分だけのカスタマイズを楽しむこともできるという。

プラモデル感覚で作れる!
デジタルでなくアナログなのもGJ

▼どんな仕様なの?

主な仕様は、レンズが50mm f/10、シャッタースピードが1/80秒、焦点距離が0.5m~無限。使用フィルムは35mm。三脚穴を備える。本体サイズは121(幅)×65(高さ)×33(奥行)mm。

▼これは気になる!

アナログカメラの仕組みを読み解きながら、自分だけのKonstruktorを組み立てられるという「Konstruktor DIY ワークショップ」や、Konstruktorのオリジナリティーを競う「Konstruktor コンペティション(仮)」なども開催予定とのこと。

▼こんな感じで組み立てられます!

▼欲しいと思ったそこのあなた!HPへ ≡(┌^^)┘

▼組み立て方の解説をしているサイト様

 - Uncategorized