trend8

ネットで話題のコンテンツ

反省だけなら誰でもできる。ミスを犯しても信用を失わない方法

   

反省だけなら誰でもできる。ミスを犯しても信用を失わない方法

shutterstock_409306021

大なり小なり失敗やミスを犯してしまったこと、誰にでもありますよね。しかしビジネスの現場においては、きちんと謝罪をしたにもかかわらず信用・信頼をなくしてしまうこともままあるものです。では、どうすればそのような事態を避けられるのでしょうか。今回の無料メルマガ『ビジネス真実践』では著者で戦略コンサルタントの中久保浩平さんが、「誠意のある謝罪に必ず付け加えなければならない、信用を落とさぬために伝えるべきこと」を紹介しています。

失敗やミスをしてしまったら…

誰にだって失敗やミスはあります。ですが、同じような失敗やミスを何度も繰り返すのはよくないということをみんな認識しています。たとえ小さな失敗やミスであっても、信用や信頼といった商売・ビジネスにとって最も重要なものを失くしてしまう恐れがありますから。

以前こんなことがありました。ある会社に仕事を依頼したときのことです。仕事をしてもらうには、先払いが必要ということで、先に決済を済ませたところ、数日後、突然メールで「決済の確認が取れていません」という内容のメールが届いたのです。慌てて、再度確認してもらったら、先方のミスだということが判明しました。

すぐに平謝りのメールを頂きました。レスポンスも早かったですし、謝罪文からも先方の誠意は伝わってきました。めでたし、めでたし…と言いたいところですが、「同じミスを再度犯してしまうかも?」という可能性が拭いきれているものではありませんでした。

このような不安を顧客(私)に思われてしまうということは、完全にその顧客(私)から信用や信頼を回復しているとはいえません。また仕事を依頼するか? と言われれば「?」です。

ページ: 1 2

 - Uncategorized