trend8

ネットで話題のコンテンツ

ラーメン二郎のマシマシは巧妙に仕掛けた「ツッコミ待ちのボケ」

   

ラーメン二郎のマシマシは巧妙に仕掛けた「ツッコミ待ちのボケ」

14264392396_03be0f73c4_z copy

異常なまでに高く盛られた野菜、コッテリとしたアブラの塊、どっさりと載せられたニンニク。もはやラーメンではなく、「二郎」というジャンルの食べ物とまで言われる「ラーメン二郎」ですが、ここにビジネスのチャンスが隠れていると話すのは、繁盛するお店を作るためのマーケティング方法がもりだくさんの無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』の著者で繁盛戦略コンサルタントの佐藤きよあきさん。ジロリアンと呼ばれるコアなファンを持つ「ラーメン二郎」の人気の秘密と、ツッコミを入れたい常連客の心を掴む壮大な「ボケ」の仕組みについて紹介しています。

「ラーメン二郎」流で、お客さまを育てろ!

「野菜マシマシ、アブラ、ニンニク!」。そんなラーメンの注文方法をご存知だと思います。

「ジロリアン」と呼ばれる、コアなファンを持つ専門店「ラーメン二郎」。山のように野菜がのったラーメンの映像が、度々テレビに登場する大人気店です。

このお店について私が注目するのは、その出店場所です。約半数の店舗が、大学の近くに出店しているのです。主たるターゲットを若い男性に絞っているからです。お金のない学生にお腹いっぱいたべさせてあげたい、という思いから、どんどんボリュームアップしていったと言います。

学生からすれば、腹ぺこな学生時代に、ひとときの幸福感を味わわせてくれたお店は、一生忘れません。大学を卒業しても、通い続けるようになるのです。歳とともに食べられるボリュームが減り、「俺も歳を取ったなぁ~」と感じるものの、それさえもこのお店の良い想い出として、生き続けるのです。

貧しい時代に助けられた恩を、通うことで返しているのです。

まずは、若いお客さまを心から喜ばせること。それが一番大切だということがわかります。若いお客さまの欲するものを提供することが、次の時代の来店に繋がるのです。

ページ: 1 2

 - Uncategorized