trend8

ネットで話題のコンテンツ

CGが普及していなかった頃のホラー映画作品で使用されていた7つの技法

   

CGが普及していなかった頃のホラー映画作品で使用されていた7つの技法

00_e6

 1950年代後半から1960年代から1970年代初頭、サスペンス映画の神様とも称される、アルフレッド・ヒッチコック監督が大活躍した時代である。

 当時ホラー映画は低予算ながらも大変人気があった。映画監督は観客を呼び込む為、クリエイティブで斬新なギミック(技法)を次々と導入していったのである。

 それは技術にのみあらず。一種のマーケティング戦略ともいえるわけだが、当時はこれが非常に受けた。ここで紹介するのはその中でも当時反響の大きかったものである。

続きを読む


 - Uncategorized